対談インタビュー

聖救主福祉会についてお話します!

  • 廻 将平

    廻 将平
    (2014年入社)

  • 小山 裕子

    小山 裕子
    (2015年入社)

  • 石王 悠希乃

    石王 悠希乃
    (2017年入社)

  • 松本 理緒

    松本 理緒
    (2018年入社)

  • グエン・アイン・ドック

    グエン・アイン・ドック
    (2019年入社)

社会福祉法人 聖救主福祉会に入職されたきっかけを教えてください。

  • 廻 将平
    社会福祉士を目指して大学に進学しましたが、3年生の頃、「社会福祉士になる前に現場を見ておいたほうがいいのでは?」という気持ちが起きました。そこで当時、祖父が通っていたデイサービスの施設に就職。
    その後、聖救主福祉会に転職しました。
  • 小山 裕子
    私は専門学校卒業後、3年間「深川愛の園」でアルバイトをし、2015年に正職員に採用されました。
  • 石王 悠希乃
    通学していた介護の専門学校の実習で「深川愛の園」を訪れたのが最初です。働いている人がみなさん優しくて、施設全体の雰囲気がよく、とてもいい印象を持ちました。どの先輩も素晴らしいのですが、とくに廻フロアリーダーの働く様子を見て、「この人の下で働きたい!」と思うようになりました。職場に尊敬できる人がいれば、仕事は続けられるものだと思います。
  • 松本 理緒
    私も石王さんと同じ専門学校で、実習で「深川愛の園」にお世話になったのが最初です。人間関係がよくて、「ここで働きたい!」と思いました。昔から学校の先輩の石王さんが大好きですし、職場の先輩方もみんな大好きです!(笑)
  • グエン・アイン・ドック
    僕は日本語を学びたくて来日しました。日本語学校で学んでいるとき、ベトナムにいる祖母が亡くなって祖父がひとり暮らしになり、高齢者の暮らしが気になるようになりました。
    卒業後、ひとりでも多くの高齢者が安心・安全に暮らせるように、介護の仕事を選びました。

なぜ、「深川愛の園」はそんなに職場の雰囲気がいいのでしょうか?

  • 廻 将平
    法人全体に「職員に介護の仕事を楽しんでもらいたい」という思いがあるからだと思います。日常のケアももちろん重要ですが、入居者さんとの何気ない会話から介護が楽しくなり、やりがいが生まれてくるもの。
    ですから、職員が入居者さんとともに過ごす時間を大切にしています。
  • 松本 理緒
    スタッフと一緒に入居者さんが外出する機会も多いですよね。お寿司が大好きな方と一緒にお寿司屋さんに行ったり、「デパートで買い物がしたい」と希望された方と実際にデパートまで行ったり。
    ご自身が行きたい場所へ連れて行って差し上げると、みなさんが本物の笑顔を見せ、喜ばれるんです。その様子を見て、私も感動します。
  • 石王 悠希乃
    仕事以外で仲がいいのも自慢できるところです。飲み会もしょっちゅうありますし、有志のメンバーでプールへ行ったりテニスをしたり、スノボも楽しみました。
  • 廻 将平
    石王さんが「飲み会を増やしたい」と僕に言ってきてくれたから、それ以来飲み会が増えたよね。
  • 石王 悠希乃
    飲み会がないとモチベーションが保てないですから(笑)。門前仲町周辺にはいいお店がいっぱいありますから、利用しないともったいないです(笑)。
  • 松本 理緒
    私と石王さんで忘年会の幹事も頑張りましたよね?(笑) ここは美味しいものを食べたり飲んだりするのに、本当にいい立地だと思います。
  • 石王 悠希乃
    飲み会もそうですが、私たち若手が要望を出すと耳を傾けてくださる人が多いのが、この職場のいいところです。

社会福祉法人 聖救主福祉会の良さを教えてください。

  • 廻 将平
    まず、同業他社に比べて福利厚生制度がしっかりしているところです。基本給も業界では高めに設定されていますし、退職金制度もあります。
    大変残念なことですが、同業他社にはこうした制度がないところもありますから。さらに結婚したら扶養手当、世帯主が住宅を借りたら住宅手当もしっかり支給されます。ドックくんも最近結婚して、扶養手当を受け取っているよね?
  • グエン・アイン・ドック
    はい(笑)。奥さんは今、日本語を勉強しているところで、話せるようになったら「深川愛の園」に就職したいと言っています。
  • 松本 理緒
    ドックさんの奥さまはときどき「深川愛の園」にボランティアで来られますよね? すごく優しくて、「ベトナムの人って本当に優しいんだ!」と思いました(笑)。
  • 小山 裕子
    有給休暇が取得しやすいのも、聖救主福祉会の社風だと思います。私は韓流ファンで、韓国旅行へ行くのが楽しみなのですが、事前に申請すれば確実にお休みがいただけます。
  • 廻 将平
    ここにいるのは若いメンバーばかりですが、お子さんがいらっしゃる職員の方は子どもの行事でしっかり休みを取得されるしね。
  • 小山 裕子
    出産された先輩方で育児休暇を取得されて、また職場に戻って来られる方も多いですよね。
  • 廻 将平
    子どもといえば、同じ建物内に「まこと保育園」があり、「深川愛の園」と定期的に交流できるのも、とても魅力的です。
    子どもたちがいつも歌を練習していて、12月にはクリスマスキャロルなどをご入居者の前で披露してくれるんです。
    みなさん、ひ孫に会われるような感覚で、とてもいい笑顔を見せてくださいます。お子さんとご高齢者の交流は、想像以上によい影響があるのではないでしょうか。

 新入職員へのメッセージをお願いします。

  • 小山 裕子
    どんなお仕事でもそうでしょうが、とくに介護の仕事では職場の人間関係が本当に大事です。とくに学生や新卒の方は人間関係に不安を持っておられるでしょうが、「愛の園なら大丈夫!」とお伝えしたいです。
  • 松本 理緒
    私自身もここで働いてとてもよかったと思っています。もっともっと仲間が増えてほしいです!
  • 廻 将平
    メディアなどでは介護のマイナスイメージを報道されることが多いですが介護には楽しい瞬間、感動するシーンがたくさんあります。
    報道されるのはごく一部のことで、大部分の介護職員は志を持ち、ご高齢者の笑顔や元気を励みに仕事を続けています。
    とくに特別養護老人ホームは「終の棲み家」といわれる場。
    人生の最期のひとときを過ごされる方が多く、一人ひとりの人生に深く関わっていくという喜びがあります。
    ぜひ、私たちと一緒に楽しく介護の仕事をしてみませんか?

応募をされる方は、
こちらのページをご覧ください。
あなたのエントリーを
お待ちしています!

ENTRY
エントリー